退職者・転職者の方へ

移換手続(厚生年金基金、確定給付企業年金から個人型確定拠出年金に移換される場合)

個人別管理資産を個人型確定拠出年金に移換することができます。

厚生年金基金または確定給付企業年金業を脱退されたとき

厚生年金基金または確定給付企業年金を脱退された方が、以下の要件を満たす場合、厚生年金基金または確定給付企業年金の脱退一時金相当額を、個人型確定拠出年金に移換することができます。

  • 個人型確定拠出年金の加入者であること
  • 厚生年金基金または確定給付企業年金の脱退後1年以内に、移換元の厚生年金基金または確定給付企業年金に移換を申し出ること

→個人型確定拠出年金への加入、及び個人型確定拠出年金への移換の手続きは、「運営管理機関一覧」に掲げた機関が承ります。選択した運営管理機関にご連絡をいただき、手続きをお取りください。移管の手続きにつきましては、運営管理機関から入手された移換申出書に、移換元の年金制度(厚生年金基金・確定給付企業年金)から必要事項の証明を受け、運営管理機関(受付金融機関)にご提出ください。

 

厚生年金基金または確定給付企業年金業を脱退し、脱退一時金を受け取らずに、企業年金連合会へ年金給付等積立金を移換されたとき

厚生年金基金または確定給付企業年金を脱退し、脱退一時金を受け取らずに企業年金連合会に移換された方が、以下の要件を満たす場合、企業年金連合会に移換された年金給付等積立金を、個人型確定拠出年金に移換することができます。

  • 個人型確定拠出年金の加入者であること
  • 個人型確定拠出年金の加入者の資格を取得してから3ヵ月以内に、移換元の企業年金連合会に移換を申し出ること

→個人型確定拠出年金への加入は、「運営管理機関一覧」に掲げた機関が承ります。
 選択した運営管理機関にご連絡をいただき、手続きをお取りください。

→個人型確定拠出年金への移換の手続きは、企業年金連合会(※)にお申し出ください。
 企業年金連合会から入手された移換申出書を、企業年金連合会にご提出ください。

※企業年金連合会 年金サービスセンター 年金相談室
(電話:0570-02-2666 IP電話・PHSからは03-5777-2666)

 

ページトップへ
copyright(C) 2011 National Pension Fund Association ALL RIGHTS RESERVED.