iDeCoのご案内

掛金

掛金について

掛金の拠出限度額(月額)

※加入者のうち、「第1号加入者」は国民年金の第1号被保険者(自営業者等)である方、「第2号加入者」は国民年金の第2号被保険者(会社員、公務員等)である方、「第3号加入者」は国民年金の第3号被保険者(国民年金の第2号被保険者に扶養されている配偶者)である方をいいます。

第1号加入者・・・68,000円

※国民年金基金に加入されている場合、または国民年金の付加保険料を納付されている場合は、それぞれの掛金または保険料と合わせて68,000円が拠出限度額となります。

第2号加入者

①企業年金等に加入されていない方・・・23,000円
②企業型確定拠出年金規約で個人型同時加入を認められている企業型確定拠出年金に加入されている方のうち、③に該当されない方・・・20,000円
③企業型確定拠出年金を除く企業年金等に加入されている方、及び公務員・私学共済加入者の方・・・12,000円

第3号加入者・・・23,000円

掛金額

5,000円以上、1,000円単位で任意に設定できます。

掛金納付方法

毎月の掛金を翌月の26日(金融機関が休業日の場合は、翌営業日)に口座振替等により、納付いただきます。

第1号加入者および第3号加入者・・・本人名義の口座からの口座振替

第2号加入者・・・次の①②のいずれかの方法から選択いただきます。

①給与天引きにより事業主が指定した口座からの口座振替
②本人名義の口座からの口座振替

また、前納、追納は取り扱っておりませんので、口座振替日に掛金を納付いただけなかった場合、当該月の掛金は未納扱いとなります。

掛金額の変更

掛金額は、毎年4月分の掛金から翌年3月分の掛金の間に1回に限り変更することができます。
(ただし、被保険者種別変更時および他年金制度加入状況変更時の掛金額変更はこの変更回数に含みません)

掛金の還付

確定拠出年金は、公的年金に上乗せされる年金であり、加入資格のある方しか、掛金を拠出することができません。

加入資格を国民年金基金連合会が確認し、加入資格のない月に拠出された掛金は還付されます。(加入資格の確認は、第1号加入者及び第3号加入者の方は毎月の日本年金機構の記録との照合により、第2号加入者の方は年1回の事業主の方の証明により、行います。)

第1号加入者の方の掛金の拠出には、国民年金保険料の納付が必要です。国民年金保険料の未納月に掛金が拠出されていた場合、当該月の掛金相当額が還付されます。

第2号加入者の方は、加入者資格の喪失月以降に掛金が拠出されていた場合、当該月の掛金相当額が還付されます。

第3号加入者の方は、第3号被保険者の状態が確認できない月に掛金が拠出されていた場合、当該月の掛金相当額が還付されます。

個人型確定拠出年金の掛金相当額が還付され、すでに所得控除を受けている場合には確定申告の修正申告をいただく必要があります。

ページトップへ
copyright(C) 2011 National Pension Fund Association ALL RIGHTS RESERVED.