iDeCoのご案内

受給(給付の種類)

受給方法について

給付は、老齢給付金、障害給付金、死亡一時金の3種類です。

老齢給付金、障害給付金は原則、5年以上20年以内の有期年金として支給されます。

具体的な年金の受給方法は運営管理機関が設定します。

  • 年金の額は請求時の個人別管理資産額の20分の1以上2分の1以下で、運営管理機関が定めるところにより自由に決定できます。
  • 運営管理機関が定めるところにより、年金の全部または一部を一時金として、また、年金給付の5年経過後に一時金として受け取ることができる場合があります。
  • 受給額の算定方法は、個人別管理資産が過少となり、運営管理機関が定めた場合には変更できます。

老齢給付金…60歳以降に請求を行い受給します。(請求は70歳までに行う必要があります)

老齢給付金の受給要件

原則60歳から受給できますが、通算加入者等期間(※)により、 受給可能年齢が異なります。60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合は次の年齢からの受給となります。

  • 8年以上 → 61歳から受給可能
  • 6年以上8年未満 → 62歳から受給可能
  • 4年以上6年未満 → 63歳から受給可能
  • 2年以上4年未満 → 64歳から受給可能
  • 1月以上2年未満 → 65歳から受給可能

※個人型および企業型確定拠出年金における加入者・運用指図者の期間の合算

障害給付金…70歳到達前に、傷病によって一定以上の障害状態になられた方が傷病から一定期間(1年6カ月)経過後に請求により、受給することができます。

死亡一時金…死亡された場合、ご遺族が一時金として受け取ることができます。また、年金受給中に持分を残して死亡された場合も、ご遺族が残額を受け取ることができます。

ページトップへ
copyright(C) 2011 National Pension Fund Association ALL RIGHTS RESERVED.